安い土地と高い土地との違いは?

 

こんにちは(^^)

甲賀市 信楽で新築・注文住宅をさせていただいております。

家づくり専門店 しが楽の家 森工務店 森昌智です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

先日から土地探しを行っておりましたが、

いい土地が見つかり購入する前に事前調査を行いました。

 

土地の形状や進入路、各種申請関係などはじめの聞き取りでは

諸経費も少なく済みそうだと考えていましたが、

その他、いろいろ調べていると水道が入らない可能性

があることが分かりました。

 

 

その敷地は2方向に道路があり、

私自身、どちらかの道に水道の本管が入っていると思いこんでいました。

 

この敷地は以前から空き地になっていましたので

建物が建っていたかは不明でしたが、

その敷地の隣までは水道の本管が来ていることが市の返答で分かりました。

 

近隣まで本管が来ていて、単純にそこから延長すれば

済むので水道の取り出しは簡単にできると考えていたのですが、

問題はその本管の口径にありました。

 

水道管の口径が25mmの場合は3.7軒分しか取れず、

30mmでは7軒分取れることになります。

 

市の資料では30mmの表記があり、おそらく延長することが

できるが昔の資料であるため本当にその口径が入っているのかは

掘ってみないと分からないという返答でした・・

 

その敷地はすでに3軒分、水道を引き込んでおられますので、

25mmの場合は他の経路からの引込を考えないといけません。

 

簡単に延長できると考えていた分、

ショックでしたが試掘し口径を確かめることにしました。

 

信楽町内ではこういったケースは多いようで

土地購入する前の事前調査は細かく行う必要を感じました。

 

分譲地などは確実に水道など入っていますが、

一般の土地は金額が安い分、下調べは重要です。

 

今回のケースも含め、宅地として売地に出されている

信楽町内の物件はそういった問題がないかを事前に

調査しておきたいと感じました。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。