フィンランド熱、ふた旅。

こんにちは(*^-^*) 森工務店 森まさこです♪

実は12月21日~22日とフィンランド視察で出会った仲間と、フィンランド大勉強会に行っておりました(*^-^*)

2019年は、日本とフィンランド国交100周年の記念の年💛

日本各地でもイベントが開催されています(*^-^*)

まずは、岐阜県多治見市の「岐阜県現代陶芸美術館」へ。

 

 

マリメッコスピリッツでは、日本をイメージして制作された新作JAPANの初披露!

マリメッコデザイン監修の茶室「真理庵」が会場に彩を添えます。

フィンランドと日本の文化が触発しあう会場(*’▽’)

テンションアゲアゲ↑↑

フィンランド陶芸 ~芸術家たちのユートピア~

ここでは写真を撮ることができませんでしたが、

1950年代から1960年代の名作といわれる作品に釘付け。

フィンランドの豊かな表現は日本の工芸界にも大きな影響を与えたようです(‘ω’)ノ

ここから市内のタイルの町、笠原町へ移動…

なんとSWファミリーの櫻井建設の社長と奥様が車で送迎してくださいました( ;∀;)

しかもTRETTIOマグカップのお土産付き。

ファミリーのお心遣いに感動です♡

✴︎モザイクタイルミュージアム

かわいい~♡ 車を降りて思わず一言。屋根に松の木が並んで癒しのフォルム。

下の写真、屋根一面が芝におおわれた“草屋根”のお店滋賀県の「ラ コリーナ」と同じ、

世界的な建築家 藤森照信さんの設計!

周りの景色と調和してますね。素朴で素敵。

 

大正時代、旧多治見市で始まったタイル産業は、戦後笠原町を拠点に隆盛します。

有志が収集したモザイクタイルや、最新タイルの展示。

フロアを繋ぐ階段も照明ごとステキ(*’▽’)

所々にモザイクタイルが埋め込まれています。

森スタでのワークショップのヒントも見つけてきました!

名古屋に移動。

 

 

大忘年会からの、二次会からの、カレーうどん…

フィンランド話に花が咲いたり、毒も盛ったり?、楽しすぎて、食べ過ぎて、ぱっつんぱっつんです…

もちろん朝は恒例の 旅ラン!!

雨が降っていたのですが、ホテルと名古屋城までの往復6kmを走りました。

2日目は 名古屋市美術館

アルバアアルトもう一つの自然

こちらも撮影禁止なので、休憩スペース以外は写真がありませんが、

フィンランドぶりに、アアルトの作品を間近で見ることができ…

やっぱり スツール60 欲しかったなー

なんて、思うのでした(>_<)

そしてお向かいの 名古屋市科学館(‘ω’)ノ

こちらはフィンランドとは関係なしですが、世界最大のプラネタリウムで、しばし宇宙へ。

このソファの癒されること。リラックス感ハンパなしです。

程よい角度と開放感、アナウンスのささやき… 全員爆睡したのは言うまでもありません( *´艸`)

久しぶりにフィンランドを感じる2日間。盛り盛りスケジュール。

フィンランド留学中の娘はヘルシンキを出て北へ。-24度を体感し、犬ぞりに乗ったようです( ;∀;)

娘もひっくるめてフィンランドを語れる仲間がいることが、楽しい!

デザインも断熱もライフスタイルもフィンランドを取り入れよう!

というわけで。

行き先々でフィンランドグッズを仕入れてきました( *´艸`)

森スタにもフィンランドグッズ置いてます

ぜひ遊びに来てくださいね

森工務店 フィンランド大使 森まさこ でした♪♪