地盤補強工事のメリットとデメリット

 

 

こんにちは(^^)

甲賀市 信楽で新築・注文住宅をさせていただいております。

家づくり専門店 しが楽の家 森工務店 森昌智です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

地盤の改良や補強について書いてみたいと思います。

地盤改良には表層改良と柱状改良があります。

そして、地盤補強工事には小口径杭と置換があります。

 

【表層改良】は機械(ユンボ)でセメント固化材と土を

混ぜ合わせ、面上に改良する工法。

2mまでの改良に適しますが、オペレーターによって品質に

ばらつきがでるので技術力が必要な工法になります。

改良後は試験を行って、強度確認が必要です。

 

【柱状改良】は軟弱地盤にセメントもしくは砕石を注入攪拌し、

地中に柱状の改良杭を作る。

2m~8mまでの改良に適しますが、近隣に擁壁などの構造物

がある場合は損壊の危険性が。

また、コンクリートが地中に入っているので、解体するときは大変・・

砕石の場合は解体時も問題はないかと思います。

 

【既製杭】はコンクリート製の杭を機械で打ち込みます。

3m~12mまでの改良に適し、打ち込みながら支持力が

確認できるため安全性が高く、

傾斜地にも適用できるがコストが高い傾向。

 

【小口径杭】は鋼管杭を機械で回転圧入させながら打ち込む。

3m~25mで近隣への影響もなく、液状化にも対応できますが、

コストが高い。災害時の写真を見ると、鋼管杭で補強したお家は

土砂災害に耐えた実績もあります。

 

【置換】は建物の荷重と現状の土の荷重をEPS(発泡材)に置き換える。

支持層が確認できない地盤や杭が打てない地盤に適用できますが、

土の搬出も多く、コストは高くなります。

 

地盤補強工事も種類が多くあり、その地盤に適して補強方法があります。

それぞれのメリットとデメリットを考慮しながら進めることも重要。

まずは、その地盤の土質を調査し、支持層がどこにあって、

場所的に平坦なのか高低があるのか、ハザードマップ等で今後、

その土地に起こりえる問題点も考慮しながら選定することが大切かと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。