フィンランドへデザイン視察★世界的な建築家アルヴァアアルトの自邸訪問

甲賀市信楽注文住宅 森工務店 森まさこです♪

マルシェの感動をそのままに。フィンランドシリーズです。

今日は、世界的な建築家アルヴァアアルトの自邸を訪問して感じたことを書いていこうと思います。

印象は…

「ここが世界的な建築家のお家?」( ゚Д゚)?というのが第一印象。

シンプルでそう広くなく、こじんまりとした佇まい。街の雰囲気に馴染んでいます。

1936年に建築されているので、82年も前の建物ですが古い感じはなく、シンプルモダンで、どこか日本的なイメージをもちました。

入ってすぐはアトリエになっています。要するに仕事場。

アアルトのデスクは2方が窓になっていて、お庭を見ながら想像を膨らませていたんでしょうね、自然を感じながら仕事ができる雰囲気。

フィンランドでは紅葉の季節真っ最中でしたので、特にここから見える景色は素晴らしかったです。

アトリエと自宅スペースは、少しの段差で区切られていますが、しっかりと実用性とデザイン性が保たれていて、広がりがあり、無駄がない空間になっています。

自宅スペースのリビングにはアアルトデザインの家具や照明。

アアルトは日本建築にも興味をもったといわれていて、すだれや引戸にその親近感を感じました。

 

大きな窓から見える庭の景色や、家族とゆっくり過ごすための座り心地のいい椅子が、

アアルトのデザインを生み出したのだと思うと、その空間にいるだけで幸せを感じたのでした。

「いつかこんな空間でのんびりと紅茶をいただきながら、うとうとと昼寝をしてみたい」

古いものを大切に。そして、今ここにある空気を感じる生き方。

日本では忘れそうになりがちな、時間を取り戻したような感覚になりました。

次回は「アルヴァアアルトのスタジオ視察」です♪

甲賀市信楽注文住宅 森工務店 昼寝大好き 森まさこでした♪