フィンランドへデザイン視察★一般の家庭を訪問

甲賀市信楽注文住宅 森工務店 森まさこです♪
フィンランドシリーズ。
今日は初日に訪れたフィンランドのご家庭について書いてみようと思います。
おじゃましたのはパーボさんご一家の一軒家。
ていねいに手入れされたお庭から見える大きな窓が印象的。
普段は80代のご夫婦お二人で住んでいらしゃいますが、娘さんと大学生のお孫さんも一緒に迎え入れてくれました。
大きなリビングは、アンティーク、ナチュラル、フレンチとでもいいましょうか、自然にテイストがエリア分けされていて、22名の訪問客がすっきりと座ることができました。
玄関とトイレ、寝室に入る以外のドアはありませんでした。
断熱性が保たれているからこそ、ドアいらず、開放的で明るい広がりを見られます。
飾られているものはパーボさんこだわりのインテリア。
食器やカトラリーすべてのものをとても大切に使っておられました。
「良いものを長く大切に」の精神です。
照明もダウンライトと少しのペンダントライトで、大きな窓からの明かりを大切にされていることがうかがえました。
とにかくイスが多い!!
大人数のパーティーには30名ほどを招かれるようです( ゚Д゚)
おばあちゃま!ナイスです!
お客様をお迎えする習慣が日常なんですって(*^-^*)
おばあちゃまのキッチンです♡
キャンドルには明かりを…
アラビアの食器に、おばあちゃまお手製の4種のケーキ(*’▽’)
お庭でとれたリンゴやブルーベリーが使われています。
なんて自然と寄り添った暮らしなんでしょう~~
パーボさんご一家のお話の中で、「この国は税金を払う価値のある国です。」とおっしゃったことが印象的でした。
税金が何に使われているか、肌で感じているからこその発言ですね。
国の政策としては、教育費が大学生まで無料。福祉が充実。そんなくらいの知識でしたが、高齢者も生活の質を下げることなく暮らしていける国なんですね。
地下には、食品庫、家事室や一家に一台のサウナ室。お客様用の寝室。セカンドリビングとしてアアルトの座り心地のいい~~アームチェア( *´艸`)
大学生のお孫さん、週末には、お友達を連れてきたり、泊りに来ることも多いらしいですよ。
大好きな家族と、大きな自然とゆっくり過ごすフィンランドの考え方。
ますますフィンランドに魅力を感じました。
次回は、「世界的な建築家アルヴァアアルトの自邸訪問」お楽しみに!
甲賀市信楽注文住宅 森工務店 フィンランドの魅力発信係 森まさこでした♪